日焼け止めと一言で言っても、いろいろとあります。なので、私達も使う目的によって、日焼け止めの種類も使い分けるようにしないと行けないと思います。というのは、それぞれ使った感じも違いますからね。

液体タイプの日焼け止めは、たぶん日焼け止めのなかでは、いちばんポピュラーだと思います。ただ液体タイプでも、ミルクタイプ、ジェルタイプ、ローションタイプといっとものがあります。

クリームタイプ、ミルクタイプは、基本的には油分が多いので、肌への密着度も高くなりますが、どうしても肌が荒れたりすることも多いのです。なので、肌が敏感という方には、ローションタイプがおすすめかもしれません。メリットは、落ちやすいことですから。

また、パウダータイプは、メイク直しのときに重宝します。

肌荒れもしにくいので、メイクの仕上げやファンデ代わりにも使えますよ。

最近では、スプレータイプも人気です。スプレーは、液体タイプやパウダーなどではつけにくい髪や頭皮に使えるのが利点です。全身よりも集中的に付けたい場所につけるのがいいかもしれません。

また、シートタイプや飲むタイプなどもありますよ。

なので、自分に合ったもので、なおかつ使いやすさとかも考慮して、選ぶといいと思います。