「未分類」の記事一覧

ベビーパウダーは結構おすすめ

未分類

テカりやすい私としては、やはり夏は個人的に悩ましい問題として、「顔の脂」があります。

だって、少し外出しただけでも、じわっと浮かんでくるし。オフィスで仕事していても時間が経つにつれ、じわっと脂が(;_:)

脂性肌は、化粧が崩れる!

まじでどうにかして!!

と心で叫んでいます。

そんな私ですが、実は私なりの脂性肌対策があります。脂性肌だと日焼け止めはツライものがありますよね。

もちろん、そうじゃない日焼け止めもありますけど。

そこで、結構お得で手っ取り早いのが脂性肌のファンデーションに「ベビーパウダー」を使います。

はじめは馬鹿にしていましたけど、やってみるとなかなかなのです。

ベビーパウダーは、その名の通り赤ちゃんに使うものです。

お風呂上がりの赤ちゃんの肌に軽く付け、あせもなどを予防します。
けど、別に赤ちゃん専用というわけではなく、使えます。

赤ちゃんの肌でもオーケーなのですから、当然大人が使っても安心なのです。

ただし、使い方は、ちょっと違います。目的は、メイク崩れや制汗といったあたりです。

ベビーパウダーは、あせもやオムツかぶれ防止に使う粉末をいいますが、極細の粒子による毛細管現象で肌の余分な水分を吸い取ってくれます。

その後は、滑らかな肌になります。また、皮膚の摩擦を少なくしてくれるので、あせも予防になります。

そんなわけでベビーパウダーのメリットとしては、真夏でもメイクが崩れにくい、さらっとしたつけ心地、肌に優しい、そして安い!

私は匂いも嫌いじゃないです。

そして、制汗剤の役割もあるので汗臭ささ気になる部分に軽く付けておけば、制汗作用がありますし、汗のにおいも吸収してくれます。

注意したいのは、ベビーパウダーは雑に使うとこぼしたりしますので、注意しましょう。

あと、ベビーパウダー用のパフは、こまめに洗って、清潔をキープしておくこともポイントです。

オイリー肌の私の悩み

未分類

顔の脂って本当に嫌ですよね。

私は、20代の前半くらいから、顔と頭皮の脂が気になっていました。
特にひどいのが、おでこと小鼻です。かるく指で触っても、ぬるっとしているんです。

前髪とかも顔の脂で、時間がたってくるべたっとまとまってしまったりしています。

洗顔のときも、できるけで泡たっぷりで、ごしごしとこすらないようにしています。

また時々ですが、ニキビもできたりします。高校時代アゴニキビが酷かったんですよね。

とくに寝不足になると、顎ニキビが目立ってしまうんです。
最近は、頭皮も脂っぽさを感じます。夕方になってくると頭が脂臭くなっているんじゃないかって気になってしまいます。

肌って乾燥しすぎると余計に皮脂が分泌されると言いますが、私の肌は本当にべたつきがひどいのです。

皮脂の分泌が過剰なのかってよくわかりません。普段は、軽めにメイクするだけですが、紫外線の季節になり、日焼け止めとかはどうしても脂の上にぬりたくるイメージが有り、ほとんど日焼け止めを塗っていません。

周りの人は肌サラサラなのに・・・。なんで私の肌ってこんなべたつくのと嫌になります。
なので、普段は、とりあえず顔の脂はあぶらとり紙でこまめに取っていますし、ファンデやテカり防止のパウダーなんかもつけるようにしています。

脂性肌って、身体の水分量が不足しがちってことだそうです。皮脂が肌の乾燥を防ぐために出るものだから、、、、。

それでも最近はやっぱり紫外線対策しなくちゃと思い、日焼け止めを顔に塗るようにはしていますが、日焼け止めを塗るとテカって仕方ありません(;_;)

日焼け止め使ったことがなかったから、よくわからなくて、日焼け止めを塗ってから、フェイスパウダーつけたりしていますけど、どうしてもテカりがなくならないにですよね。
知り合いに聞いたら、日焼け止めを塗ってから、よくなじませて、その後ティッシュとかでテカっている部分を押さえたらって教えてもらいました。

たしかに前よりは良くなっているけど、根本的にはどうなのかって思います。
なので、日焼け止めが肌に合っていないんだと思い、脂性肌にもいい日焼け止めを探しています。

日焼け止めの種類と選び方

未分類

日焼け止めと一言で言っても、いろいろとあります。なので、私達も使う目的によって、日焼け止めの種類も使い分けるようにしないと行けないと思います。というのは、それぞれ使った感じも違いますからね。

液体タイプの日焼け止めは、たぶん日焼け止めのなかでは、いちばんポピュラーだと思います。ただ液体タイプでも、ミルクタイプ、ジェルタイプ、ローションタイプといっとものがあります。

クリームタイプ、ミルクタイプは、基本的には油分が多いので、肌への密着度も高くなりますが、どうしても肌が荒れたりすることも多いのです。なので、肌が敏感という方には、ローションタイプがおすすめかもしれません。メリットは、落ちやすいことですから。

また、パウダータイプは、メイク直しのときに重宝します。

肌荒れもしにくいので、メイクの仕上げやファンデ代わりにも使えますよ。

最近では、スプレータイプも人気です。スプレーは、液体タイプやパウダーなどではつけにくい髪や頭皮に使えるのが利点です。全身よりも集中的に付けたい場所につけるのがいいかもしれません。

また、シートタイプや飲むタイプなどもありますよ。

なので、自分に合ったもので、なおかつ使いやすさとかも考慮して、選ぶといいと思います。

ページの先頭へ