テカりやすい私としては、やはり夏は個人的に悩ましい問題として、「顔の脂」があります。

だって、少し外出しただけでも、じわっと浮かんでくるし。オフィスで仕事していても時間が経つにつれ、じわっと脂が(;_:)

脂性肌は、化粧が崩れる!

まじでどうにかして!!

と心で叫んでいます。

そんな私ですが、実は私なりの脂性肌対策があります。脂性肌だと日焼け止めはツライものがありますよね。

もちろん、そうじゃない日焼け止めもありますけど。

そこで、結構お得で手っ取り早いのが脂性肌のファンデーションに「ベビーパウダー」を使います。

はじめは馬鹿にしていましたけど、やってみるとなかなかなのです。

ベビーパウダーは、その名の通り赤ちゃんに使うものです。

お風呂上がりの赤ちゃんの肌に軽く付け、あせもなどを予防します。
けど、別に赤ちゃん専用というわけではなく、使えます。

赤ちゃんの肌でもオーケーなのですから、当然大人が使っても安心なのです。

ただし、使い方は、ちょっと違います。目的は、メイク崩れや制汗といったあたりです。

ベビーパウダーは、あせもやオムツかぶれ防止に使う粉末をいいますが、極細の粒子による毛細管現象で肌の余分な水分を吸い取ってくれます。

その後は、滑らかな肌になります。また、皮膚の摩擦を少なくしてくれるので、あせも予防になります。

そんなわけでベビーパウダーのメリットとしては、真夏でもメイクが崩れにくい、さらっとしたつけ心地、肌に優しい、そして安い!

私は匂いも嫌いじゃないです。

そして、制汗剤の役割もあるので汗臭ささ気になる部分に軽く付けておけば、制汗作用がありますし、汗のにおいも吸収してくれます。

注意したいのは、ベビーパウダーは雑に使うとこぼしたりしますので、注意しましょう。

あと、ベビーパウダー用のパフは、こまめに洗って、清潔をキープしておくこともポイントです。